121212

ANTHONYが虹の橋を渡った6月より半年、この度「縁」があり

ブルドッグの男の子(推定5歳)を里親として迎える事となりました。

ネグレクトにより食事もろくに与えられず、ケージに閉じ込められたままの身体は骨と皮だけ,,,。

挙げ句、前飼い主みずから保健所へ,,,

数日後に「殺処分」が決まっていた子でした。

次に迎えるならレスキュー犬をと思っていた僕達の所へ「縁」がありやって来てくれました。

名前は「バッカス」と命名。

これから彼と一緒にこれまで以上ににぎやかになります「TheGRAVY」をどうぞよろしくお願いいたします!

2012年12月12日は何人かの仲間にとっても記念すべき日になります。

オメデトウございます!

そして「バッカス」僕達を選んでくれてありがとう。

最後に里親となりバッカスを迎えるにあたり素晴らしい「縁」を繋いでくださった

DOG LUCKの皆様、本当にありがとうございました。

image

default